下垂気味のバストに必要なこと


下垂気味のバストに必要なこと


バストアップのエクササイズやマッサージにはサイズを大きくするということよりも、
下垂したバストの位置をあげるというリフトアップ効果のほうが期待できます。


バストの大きさは脂肪の量で決まるので、
食事やホルモンバランスによってサイズがアップしたとしても、
それを支える大胸筋がしっかりしていないと下垂したバストになってしまいます。



今現在若かったり出産の経験がないと、
バストが垂れるなんてことがイメージできないかもしれません。
しかし私たちは毎日地球の引力に引っ張られているので、
バストやヒップなどすべての部分が年齢とともに下垂していくものなのです。


いつの間にか太ももにすごく脂肪がついたわ、という場合も
実はヒップのお肉が下がってきているというケースが女性には多いようです。
自分の体の変化に早く気づいたり意識を高めるために、
できるだけ毎日 全身を鏡などでよくチェックすることが大切です。


バストの位置もよく観察してみましょう。
そのままの状態と、手で少し持ち上げた状態では多少違いはあるはず。
ブラジャーをとった時にもきれいな上向きのバストでいられるように、
バストアップケアを早いうちから始めましょう。


バストが小さい人は大きい人がうらやましいでしょうが、
大きい人ほど年齢とともに下垂しやすいので、
きれいでいたい人はこまめなケアが必要になります。


バストを支える大胸筋が緩んできたりバストの皮膚の張りが
失われることが原因なので、普段から姿勢を正したり、
マッサージやバストを保湿するなどのお手入れも効果的です。


私たちの体は全身同じ皮(皮膚)一枚でつながっています。
顔だけでなく全身のスキンケアをしたり、
タンパク質やビタミン・ミネラルを摂るように心がけましょう。


急激なダイエットはバストやヒップの下垂を招きますから、
食事や運動を組み合わせて健康的な美しさを目指しましょう。

この記事へのコメント